名古屋の介護施設☆徹底リサーチ

Home > 名古屋の介護施設について > 名古屋の施設選びで利用者側が注意すること

名古屋の施設選びで利用者側が注意すること

 今、介護を理由に離職する人をゼロにするため、仕事と介護の両立に向けた取り組みがスタートしています。
名古屋も例外ではなく、介護施設の数を増やすための取り組みも注目されています。
高齢の親がいる子供からすれば、どこで介護を受けたいのか、介護に掛けられる親の経済面も考慮しながら探すでしょう。
しかし、場所が問題ではなく、誰から介護を受けたいのか、親の気持ちを聞いて欲しいとも思えます。
一方、歳を取った親としては、介護が必要になったことで、子供らが仕事を辞めて介護に専念する、そうした選択をして欲しくはないようです。
そのため、老人ホームに自らの意思で入居する人の話も聞かれています。
しかし、自立型の有料老人ホームの料金設定に驚かれる人も少なくありません。
介護サービスを受けられる条件には決まりがあり、自立しているのであれば、一般の住宅と造りは同じ、家賃も発生します。
高額である印象が強く感じる、こうした声も聞かれますが、娯楽室やトレーニングルーム、バリアフリーを備えていますし、介護が必要になった場合に住み替えられるように準備が整っているためです。
それに加え、名古屋はどこに行くにも便利な立地ですから、条件をどんどん追加すると、現在の住まいより高額になりがちですから、注意しましょう。

 医療機関にてリハビリを受けている場合に、介護施設への入居を考えるならば、どんな点に着目すべきなのでしょう。
介護施設だからリハビリも受けられる、こうした認識をされる人は少なくないようです。
一般的となる老人ホーム、ここは医療の場ではなく、治療はオプションになっています。
介護施設ですから、集団で行う体操や、日常の動作を円滑にさせるリハビリなどを中心としています。
着目すべきは、医療スタッフが配置されているのか、この一点です。
訪問介護であれば、やはりリハビリはオプションになりますが、理学療法士や作業療法士が複数人常勤・配置する介護施設も少しずつ増え始めています。
ですから、身体機能の向上を図りたいのなら、こうした専門のスタッフがいるであろう施設に相談してみましょう。

 自己中心的な考えでは、介護施設の利用は些か難しくなりがちです。
転移する人もいるようですが、この場合、介護施設への不満が募る家族の存在が問題視されているようです。
これまで、自宅での介護を頑張ってきたものの、介護疲れや見守ってもらえる安心感から、老人ホームに親を入居させる家族の姿があります。
ここで問題となるのは、献身的な介護を行ってきた介護疲れで入居させた家族の不満です。
施設では、複数人に対応するため、1対1で取り組んできた家庭内での介護と同じ内容では取り組むことが困難です。
名古屋の各介護施設では、介護力がしっかりあり、規定よりも職員配置も多く、手厚い施設として運営もされています。
しかし、付きっきり、至れり尽くせりのサービスではないことを知って頂きたいのが、運営側の本音です。
もちろん、理不尽な要求でなければ、柔軟に対応する姿勢も取ってくれるはずです。
入居者が本音をこぼせる家族からの意見であれば、それは施設にとっても貴重なものです。
しかしその中には、高額な費用を払っているという権利を全面に出す家族もいるようです。
一概にどちらが善で悪なのかは言えませんが、対応に苦慮する施設があることを知って欲しいとも思えた内容です。
この場合、運営側に非があるならば、他に移ることを考えても良いと思いますが、より良い関係を保つことも考えてみて欲しいです。

次の記事へ